ミラーレスカメラ用ハンドストラップレビュー

ETSUMIハンドストラップETM-9752
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ミラーレスカメラ用ハンドストラップレビュー

写真撮影中の不意な落下を防ぐアイテム。カメラ用のハンドストラップETSUMI N ACTIVE(アクティブ)を購入してみました。

ETSUMIハンドストラップETM-9748

ハンドストラップ製品の仕様

メーカー型番 ETM-9748
全長 約25cm
本体幅 約20cm
カラー イエロー
グレー
ブラック
ブルー
重量 約17g
主要材質 ポリエステル+本革
ETSUMIハンドストラップETM-9748

ストラップの裏地はスウェード地のような素材になっているので汗をかいても滑りにくくなってます。また、厚みもあるのでカメラを支えるには十分な強度のようです。

ハンドストラップの裏地

ハンドストラップを取り付けるカメラはミラーレスカメラX-E2です。ハンドストラップの長さは全長25cmです。

X-E2のハンドストラップ

ストラップをカメラ本体に止める部分は約1cmの幅があります。カメラのストラップ取り付け穴の大きさによっては入らないものもあるので注意が必要です。

ハンドストラップ取り付け部品

X-E2のストラップ取り付けの穴にはそのまま装着することが出来ないので、三角リングを使用。

X-E2三角リング

三角リングにストラップを通します。

X-E2ハンドストラップ取り付け

紐を隙間に通します。

ハンドストラップ取り付け

ハンドストラップをカメラに取り付けた状態です。

ETM-9748-ETSUMI

手首に通してみたところ、ぴったりハマりました。

ハンドストラップを手首に通す

撮影する際には、人差し指と中指の間にストラップの取り付け部分が出る状態になります。

ハンドストラップを手首に通す

使用してみた感想は、ネックストラップよりもハンドストラップを使ったほうがフットワークが軽くなり、液晶モニタを使った接写などがし易いと感じました。また、重量をほとんど感じないので、装着していて疲労感も感じませんでした。

難点は、滑りにくい素材のため、手首を通す時に両手を使わなければならない点です。ストラップのサイズがそれ程大きくないので、手首の太い方はちょっと通しにくく感じると思います。

X-E2のハンドストラップ

撮影時にカメラの落下が心配な場合はハンドストラップを付けて対応しておくと良いですね。

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top