SONYのファインダー付きコンデジDSC-RX100M3を触ってみた

DSC-RX100M3-
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
SONYのファインダー付きコンデジDSC-RX100M3を触ってみた

小さいボディーにファインダーを収納させたSONYの新製品カメラDSC-RX100M3。ソニービルで試用ができるので行ってみました。

SONYビルに来るのはα7の新製品発表会以来です。

ソニービル

5月14日~6月1日までの期間はマイケル・ジャクソンのニュー・アルバム『XSCAPE(エスケイプ)』発売を記念したイベントが行われています。

ソニービルでのマイケル・ジャクソンイベント

マイケル・ジャクソンがポーズを決めてました。今にも踊りだしそうな躍動感です。

マイケル・ジャクソンの像

こちらがSONYの新製品コンデジDSC-RX100M3です

DSC-RX100M3の画像

発売前ですがkakaku.comでは85,500円というお値段(2014/05/25現在)。いわゆる高級コンデジですね。カカクコムのDSC-RX100M3の価格

DSC-RX100M3の主な仕様
名称 SONY サイバーショット
DSC-RX100M3
画素数 2090万画素(総画素)
2010万画素(有効画素)
焦点距離 24mm~70mm
光学ズーム 2.9 倍
幅x高さx奥行き 101.6×58.1×41 mm
重量 263 g
カラー BLACK


この商品で一番気になっていたのがファインダーです。このファインダーを覗くためにココに来たようなものですね。ボディーの右側には【FINDER】という文字の下にレバーがあります。このレバーを下に下げるとファインダーがポップアップされます。

DSC-RX100M3のファインダー

ファインダーの表部分には【T*】の文字が

DSC-RX100M3のファインダー

横から見た状態です。ファインダーがポップアップされると同時にレンズが繰り出し、電源が同時に入る仕組みになってます。

DSC-RX100M3外観

ポップアップさせたら、指で摘んで手前に引っ張ります。

DSC-RX100M3ファインダーの出し方

視度調節はファインダーの上の部分に付いてます。

DSC-RX100M3視度調節

フラッシュを出してみました。

DSC-RX100M3のフラッシュ

正面からの外観

DSC-RX100M3

レンズはこれくらい出ます

ズームレンズ

【ZEISS】のロゴも健在

ZEISS

よくこんな小さいカメラにファインダーを入れたなと関心しました。

DSC-RX100M3

ファインダーを除いてみた感想ですが、すごく見やすかったです。試してみた環境が明るかったせいか、タイムラグでカクカク動くような現象は発生しませんでした。

ファインダー付きでチルト式モニタのコンパクトズームコンデジが欲しい!という方にはドストライクなコンデジでは無いでしょうか。SONYの技術力ってすごい!と感心させられました。

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事のアイテム

    この記事の著者

    Google+CameraBlog

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top