風景写真に適したフィルムシミュレーションはどれか!?

Fuji-FilmSimulation
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
風景写真に適したフィルムシミュレーションはどれか!?

FUJIFILMのXシリーズのカメラを使うメリットは、何と言ってもフィルムシミュレーションが使えることではないでしょうか。

写ルンです以外にフィルムカメラを使ったことは記憶にありませんが、フィルムシミュレーションのProNegの色は特に好きです。

カメラ内RAW現像のメリット

Xシリーズを使いRAWで撮影しておけば、後からじっくり「フィルムシミュレーションは何にしようかなぁ」と選ぶことができます。

RAW現像するには手間がかかります。しかし、撮影中に毎回フィルムシミュレーションを変更せずに済みますし「ここはベルビアよりもアスティアの方が良かったなぁ。。。」と後悔することもなくなります。

カメラ内RAW現像の使い方

再生メニューから【RAW現像】を選択。

X-E2のカメラ内RAW現像

【フィルムシミュレーション】を選択。

RAW現像でフィルムシミュレーションを適応する

フィルムシミュレーションの種類を選択します。

撮影後にフィルムシミュレーションを選択

ブラケット機能を使う

ブラケット機能を使い同時に3つのフィルムシミュレーションを記録する方法については、こちらの記事をご参照くださいませ。

ブラケット機能を使えば、撮影後にRAW現像しなくても3つまでJpegで記録することができます。

フィルムシミュレーションの色の違いを比較

XF18-135mmで撮る山・空・湖】の時に撮影したデータを元に、カメラ内RAW現像機能を使い6つのフィルムシミュレーションに出力してみました。

カメラ FUJIFILM X-E2
レンズ ・XF60mm F2.4 macro
・XF18-135mm F3.5-5.6
現像方法 カメラ内RWA現像
フィルムシミュレーション ・PROVIA
・VELVIA
・ASTIA
・ProNeg(Hi)
・ProNeg(St)
・モノクロ
FilmSimulation:PROVIAFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/125 sec, ISO1000)
FilmSimulation:PROVIA
FilmSimulation:VELVIAFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/125 sec, ISO1000)
FilmSimulation:VELVIA
FilmSimulation:ASTIAFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/125 sec, ISO1000)
FilmSimulation:ASTIA
FilmSimulation:ProNeg(Hi)FUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/125 sec, ISO1000)
FilmSimulation:ProNeg(Hi)
FilmSimulation:ProNeg(St)FUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/125 sec, ISO1000)
FilmSimulation:ProNeg(St)
FilmSimulation:モノクロFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/125 sec, ISO1000)
FilmSimulation:モノクロ
FilmSimulation:PROVIAFUJIFILM X-E2 (18mm, f/9, 1/420 sec, ISO200)
FilmSimulation:PROVIA
FilmSimulation:VELVIAFUJIFILM X-E2 (18mm, f/9, 1/420 sec, ISO200)
FilmSimulation:VELVIA
FilmSimulation:ASTIAFUJIFILM X-E2 (18mm, f/9, 1/420 sec, ISO200)
FilmSimulation:ASTIA
FilmSimulation:ProNeg(Hi)FUJIFILM X-E2 (18mm, f/9, 1/420 sec, ISO200)
FilmSimulation:ProNeg(Hi)
FilmSimulation:ProNeg(St)FUJIFILM X-E2 (18mm, f/9, 1/420 sec, ISO200)
FilmSimulation:ProNeg(St)
FilmSimulation:モノクロFUJIFILM X-E2 (18mm, f/9, 1/420 sec, ISO200)
FilmSimulation:モノクロ
FilmSimulation:PROVIAFUJIFILM X-E2 (18mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO400)
FilmSimulation:PROVIA
FilmSimulation:VELVIAFUJIFILM X-E2 (18mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO400)
FilmSimulation:VELVIA
FilmSimulation:ASTIAFUJIFILM X-E2 (18mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO400)
FilmSimulation:ASTIA
FilmSimulation:ProNeg(Hi)FUJIFILM X-E2 (18mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO400)
FilmSimulation:ProNeg(Hi)
FilmSimulation:ProNeg(St)FUJIFILM X-E2 (18mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO400)
FilmSimulation:ProNeg(St)
FilmSimulation:モノクロFUJIFILM X-E2 (18mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO400)
FilmSimulation:モノクロ
FilmSimulation:PROVIAFUJIFILM X-E2 (18mm, f/7.1, 1/350 sec, ISO400)
FilmSimulation:PROVIA
FilmSimulation:VELVIAFUJIFILM X-E2 (18mm, f/7.1, 1/350 sec, ISO400)
FilmSimulation:VELVIA
FilmSimulation:ASTIAFUJIFILM X-E2 (18mm, f/7.1, 1/350 sec, ISO400)
FilmSimulation:ASTIA
FilmSimulation:ProNeg(Hi)FUJIFILM X-E2 (18mm, f/7.1, 1/350 sec, ISO400)
FilmSimulation:ProNeg(Hi)
FilmSimulation:ProNeg(St)FUJIFILM X-E2 (18mm, f/7.1, 1/350 sec, ISO400)
FilmSimulation:ProNeg(St)
FilmSimulation:モノクロFUJIFILM X-E2 (18mm, f/7.1, 1/350 sec, ISO400)
FilmSimulation:モノクロ

ニュートラルなPROVIA、ASTIA。ビビッドなVELVIA。

シッカリと色を出したい時にはベルビアですね。他のフィルムシミュレーションに比べて彩度が+1〜1.5位アップします。場合によってはベルビアだと色が濃すぎると感じる場合があるので状況に応じて使い分けしたほうがよさそうです。

記録色に近いのがプロビアやアスティアです。程よい発色具合ですね。

彩度レベルを調節する

ベルビアのちょっと手前の彩度が欲しい』という場合には、フィルムシミュレーションをプロビアかアスティアに設定しておいて【Qボタン】を押して【Color】のレベルを+1か+2に設定するのも有りかもしれません。

彩度を上げる

個人的に、フィルムシミュレーションを比較してみてプロビアにあと僅かに色を付け足したいと感じました。

なので風景写真を撮る時はプロビア(Color+1〜2)の設定にしようと思います。

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

Heads up! You are attempting to upload an invalid image. If saved, this image will not display with your comment.

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    メルマガ購読

    ブログ記事の更新情報を無料でメール配信しております。


     

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top