RetinaGuardをiPadに貼って写真の見た目を比較してみた。

RetinaGuard for iPad Air2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
RetinaGuardをiPadに貼って写真の見た目を比較してみた。

写真ビューワーとしても役立つアイテムiPad。PCを使わずにSDカードから直接iPadに写真を読み込めてとても便利です。

iPadのストレージにもよりますが、数万枚の写真は余裕で保存できます。プリントをする機会が減りそうですね。

iPad-Wifi写真転送

目の疲れ

iPadを長時間見続けると目が疲れます。症状がひどい時には眼の奥が痛む事もあります。とても面白でアプリで遊んでいる時には、時間もわすれてiPadを使用してしまうので、注意が必要。

定期的にiPadの使用を中断し休憩をとれば目の疲れは軽減できそうですが、なかなかそうもいきません。

そこで、目の疲れの原因の一つであるブルーライトをカットするアイテムRetinaGuard iPad Air ブルーライト90カット保護フィルムを使ってみる事にしました。

RetinaGuard-iPadAir

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、波長が380~495nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

引用元:ブルーライト研究会

また、1時間のディスプレイ機器を使用したら15分の休憩をとる事が推奨されているようです。

人体にとって有害なブルーライトを90%もカットしてくれるRetinaGuardをレビューします!

ブルーライト90%カット

フィルム(RetinaGuard)有り無しの比較

まずはRetinaGuardを貼る前のiPadの状態です。画面の縁の部分は白い状態です。

iPadAir2

RetinaGuardを貼った後の状態です。フィルムを貼る前と比較して画面の縁の部分が黄色みがかっているのが確認できます。

フィルムを貼った後
フィルムを貼った後

ホワイトベゼルタイプ

フィルムを貼る前と貼った後の違いを比較する実験では、フィルムを使用しているかどうか明確にするため縁の部分がクリアなタイプの商品を使用しました。

縁の部分(ベゼル部)が黄色くなるのがイヤな場合はホワイトベゼルタイプという商品もあります。

ちなみにiPadのカラーがブラックの場合はクリアなタイプを使用しても縁の色に変化はありません。

写真の見え方(色)の変化を比較する

今回の記事の論点。フィルムを貼る前と後でどれ位、写真の見え方が異なるのか。実験してみました。撮影条件を同じにするため、カメラの基本設定(Sスピード、絞り、ISO)、ホワイトバランスもマニュアルで固定しました。

ホワイトバランスを固定

撮影に使用したカメラはGRです。F値13、Sスピード1.3秒、ISO100、ホワイトバランスはケルビン:5300に設定。

フィルム無しRICOH GR (28.0mm, f/13, 1.3 sec, ISO100)
フィルム無し

黒の深みが薄くなり、全体的にコントラストが弱くなった感じです。

RetinaGuardRICOH GR (28.0mm, f/13, 1.3 sec, ISO100)
RetinaGuard
フィルム無しRICOH GR (28.0mm, f/13, 1.3 sec, ISO100)
フィルム無し
RetinaGuardRICOH GR (28.0mm, f/13, 1.3 sec, ISO100)
RetinaGuard

 白の見え方

全体的に白っぽい写真を比較してみました。

フィルム無しRICOH GR (28.0mm, f/13, 1.3 sec, ISO100)
フィルム無し

白い部分が黄色くなると思いましたが、想像していたほど、色の変化はありませんでした。白は白のまま見えます。

RetinaGuardRICOH GR (28.0mm, f/13, 1.3 sec, ISO100)
RetinaGuard
フィルム無しRICOH GR (28.0mm, f/13, 1.3 sec, ISO100)
フィルム無し
RetinaGuardRICOH GR (28.0mm, f/13, 1.3 sec, ISO100)
RetinaGuard

RetinaGuardを使ってみた感想

効果の違いはハッキリと表れました。iPadを見た時のギラッとした光がフィルムによって抑えられるため、目の痛み(疲れ)は軽減されるので、症状を和らげたい場合は役に立つアイテムだと思います。

光の量が減るため、iPadの画面の明度が下がります。なので、明度の設定値はフィルムを貼る前と比べて多少上がります。

フィルムの色が非常に黄色いため、写真の色が黄色く変化してしまうと思ってました。しかし、実際には写真の色に変化はほとんどなく許容範囲内といったところ。

人物の肌の色もフィルムを貼る前とほとんど変化はありませんでした。

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

Heads up! You are attempting to upload an invalid image. If saved, this image will not display with your comment.

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    メルマガ購読

    ブログ記事の更新情報を無料でメール配信しております。


     

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top