XF56mmで試し撮り!

xf56mm f1.2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
XF56mmで試し撮り!

XF56mm(換算85mm)に慣れるため撮影本番に向けて練習。X-E2にXF56mmを付けて散歩しながら試運転。

xf56mm-f12-2FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/1.2, 1/1000 sec, ISO200)

XF23mmとXF56mmの比較

最短撮影距離はXF23mmは30cm弱ですが、XF56mmの場合は120cmと距離が長め。画角が63度→28度と急激に狭くなります。いきなりこのレンズを使いこなすことは、私にとっては無理でした。

XF23mmとXF56mmの比較
XF23mm F1.4 R XF56mm F1.2 R
換算 35mm 85mm
画角 63.4度 28.5度
最短撮影距離 28cm 120cm
重量 300g 405g
フィルター径 62mm 62mm
価格 90,000円前後 100,000円前後

xf56mm-f12-3FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/8, 1/200 sec, ISO800)

35mmの広角に慣れていると、85mmは望遠レンズを使っている様な感覚。

xf56mm-f12-3FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/8, 1/220 sec, ISO200)

最短撮影距離が120cmなので地面辺りがちょうど最短でピントが合う距離になるようです。

xf56mm-f12-1FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/1.2, 1/750 sec, ISO200)

外はとても明るい天気なので開放F1.2で撮影すると、シャッター速度は1/2700まで上がりました。直射日光が当たる環境だと減光フィルターが必要ですね。

xf56mm-f12-4FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/1.2, 1/2700 sec, ISO200)

開放の描写はとても柔らかい印象です。

xf56mm-f12-2FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/1.2, 1/480 sec, ISO200)

マニュアルフォーカスでタンポポにピントを合わせてみました。被写界深度が浅いのでピント合わせに苦戦。

xf56mmFUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/2.2, 1/420 sec, ISO200)

東京タワー下のハイボールガーデン用のテーブル

xf56mm-f12-6FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/1.2, 1/2900 sec, ISO200)

横断防止用のチェーンを撮影して前ボケ、後ボケ具合を確かめて見ました。3枚とも撮影する位置は同じです。まずは一番下のチェーンから。

xf56mm-f12-17FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/1.2, 1/350 sec, ISO200)

真ん中のチェーン

xf56mm-f12-16FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/1.2, 1/400 sec, ISO200)

手前のチェーン

xf56mm-f12-15FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/1.2, 1/420 sec, ISO200)

無限遠にて撮影

xf56mm-f12-11FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/1.2, 1/3000 sec, ISO400)

朝の通勤風景を撮影してみました。遠くから撮影しても奥がボケて立体感が出ますね。さすが単焦点。

xf56mm-f12-10FUJIFILM X-E2 (XF56mm F1.2R, f/2, 1/250 sec, ISO200)

試し撮りしてみた感想は、撮影距離が短ければ短いほど、ピント合わせが難しい事です。XF60mm F2.4macroの場合は比較的カンタンにピントが合いましたが、XF56mmの開放F1.2で撮影した場合は被写界深度がとても浅いので慣れが必要ですね。

XFレンズレンタルサービスの記事もあわせてどうぞ!。

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

Heads up! You are attempting to upload an invalid image. If saved, this image will not display with your comment.

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    メルマガ購読

    ブログ記事の更新情報を無料でメール配信しております。


     

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top