ApertureからiPadへ写真を転送・共有する方法

1
2216

ApertureとiPadを使い、普段、なかなか会う機会がない家族へ自宅から写真をカンタンに共有する方法をご紹介します。

Apertureの設定

まずは左側のメニューバーから共有の【iCloud】を選択します。一度もApertureとiCloudを連携させていない場合はしたのような画面が表示されます。

【iCloud 設定を変更】をクリック。

Aperture管理画面

【環境設定】からでもiCloudの設定が行えます。【iCloud】のタブをクリックし、【自分のフォトストリーム】と【写真共有】にチェックを入れます。

これでApertureの写真共有設定は完了です。

iCloud設定

iPadの設定

iPadの設定アプリを起動し【写真とカメラ】の項目をタップします。下の2つの項目はiPadで写真や動画を撮影すると自分のPCに写真が転送されてしまうため【OFF】にしておきます。

  • iCloudフォトライブラリ  → OFF
  • 自分のフォトストリーム  → OFF

デフォルトでは【iCloud写真共有】はチェックがONになってます。ONでないと、写真が共有できないので確認しておきます。

iPadのiCloud写真共有設定

【写真】アプリを起動させると【共有】というアイコンがあるのでタップ。まだ何も共有されてないので空の状態です。

iPadの写真の画面

Apertureから写真を共有する

Apertureから共有したい写真を選択します。写真が選択された状態で【共有】ボタンから【iCloud】を選択します。

ツールバーに【共有】ボタンを配置する方法はこちらの記事をご参照くださいませ。


Aperture写真共有

アルバム名を入力して【OK】をクリック。

アルバム作成

iCloudのフォトライブラリを見ると、共有した写真のアルバムが作成されてます。これでiPadに写真が共有されます。

Apertureの画面

iPadから共有された写真を見る

Apertureで共有したアルバム(アルバム名:2014年11月2日)が【共有】の項目に表示されました。

iPad写真共有画面

写真がダウンロードされるまでしばらく時間がかかります。

iPadの写真アプリ

共有された写真はカメラロールの写真とは異なり、写真に「いいね」や「コメント」が付けられます。

iPadの写真

Apertureではこのように反映されます。

Aperture

共有された写真をiPadのローカルに保存する

共有されている写真はiCloudと同期されてます。iCloudの写真が削除されるとiPadに共有された写真も削除されてしまいます。

iPadのローカルにiCloudの共有写真を保存しておけばiCloudの影響を受けません。【共有】の画面を開き、右上の【選択】をタップ。

アルバムを作る

iPadに保存しておきたい写真を選択したら、左上のアイコンをタップ。

写真を選択

【〜個の画像を保存】をタップ。

写真を保存

写真は【カメラロール】に保存されます。カメラロールに保存された写真から【アルバム】を作成します。右上の【選択】をタップ。

カメラロール

写真を選択して【追加】ボタンをタップ。

写真を選択

【新規アルバム】をタップ。

アルバム作成

アルバム名を入力します。

アルバム作成

【iCloudの共有写真】からアルバムに写真を移行できました。

写真が保存された

他のユーザーへ写真を共有したり、WEBに公開することもできて便利ですよ!

1コメント

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください