X-E2のRAW画像をApertureで現像する方法

0
325

Macの写真管理/編集ソフトApertureを使い、X-E2で撮影したRAW画像を現像する方法をご紹介いたします。Apertureはアップル純正のソフトなので動作が軽快。Photoshopに比べると物足りなさを感じるかもしれませんがチョットしたレタッチ操作であれば Apertureで十分だと思います。

Apertureは有料ソフトですがMacにはiPhotoという無料の写真管理ソフトがあります。iPhotoを使っている方であればApertureに違和感なく移行できると思います。

Apertureの価格は7,800円(2014/09月現在)とやや高額ですが、写真管理、編集に十分な機能を備え洗練されたインターフェイスで無駄がなく初めてのユーザーでも使いやすい設計になっているので買って損はないと思います。

Apple Aperture

既にAdobe CreativeCloudのフォトグラフィプランに入会しており、LightroomやPhotoshop CCをお使いの方はApertureを使う必要はないと思います。

Apertureの使い方

Apertureに読み込まれたRAW画像を【ライブラリ】の中から選択。

Mac Aperture

【情報】で 写真の情報を確認。

ApertureのExif表示

【調整】からRAW画像のホワイトバランス、露出、コントラスト、ハイライト、シャドーなどを調節。
raw画像編集

RAWの書き出し

RAW画像の書き出し方法は2種類有ります。

  1. バージョンを書き出す(編集後のデータを書き出し)
  2. オリジナルを書き出す (未編集のデータを書き出し)

RAWファイルで「オリジナルを書き出す」を選択するとそのままRAW画像が書き出されます。

画像の書き出し

「バージョンを書き出す」を選択すると画像のファイル形式やピクセル数などを選択できます。ピクセル数やクオリティは【編集】からカスタマイズできます。

画像の書き出しの種類

写真を編集する時は【ビューワ】をクリックして見やすい大きさに画面のレイアウトを変更します。

apertureビューワー変更

Macの付属ソフトプレビューではRAWを編集する際に一旦、TIFFに変換する必要がありました。しかし、ApertureではRAWをそのまま編集することができます。

画像編集

画像エフェクトの追加

【調整を追加】をクリックすると、より詳細な編集モードを追加できます。

画像の編集

編集した画像を元の状態に戻したい場合は、画面左下の【オリジナルに戻す】をクリックします。

画像をオリジナルに戻す

手っ取り早く写真を編集したい場合は【エフェクト】をクリック→マウスをドラッグし、編集後の画像をプレビューしながらエフェクトを選択します。

エフェクト追加

カラー補正のエフェクトを追加。

カラー調整

ホワイトバランスの補正。

ホワイトバランス調整

白黒写真に加工。仕上がり後の写真をマウスドラッグで確認できるのでラクですね。

白黒写真

色や露出補正の他に傾き補正やゴミ取り、ウェブアルバム、スライドショーの作成機能もついてます。写真を楽しむには十分なソフトですね。

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください