Xシリーズ【Qボタン】とファンクションキーの使い方と設定

Qボタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Xシリーズ【Qボタン】とファンクションキーの使い方と設定

Xシリーズのカメラに備え付けられている共通のボタンが【Qボタン】です。Qボタンを押すと現在のカメラの設定が一覧表示されます。Qボタンは比較的、使用頻度の高いボタンです。

Qボタンの役割

  • カメラ設定の確認
  • ISO感度、ホワイトバランス、フィルムシミュレーションなどの選択

基本操作

【Qボタン】を押して【カーソルキー】で項目を選択。【ダイヤル】を使い設定の変更を行います。

X-E2のQボタン

INFO画面を使った情報表示方法

【Qボタン】以外にも【DISP BACK】ボタンを押して【INFO画面】表示モードにすると

液晶モニタ情報表示

液晶モニタに設定状況を表示し続ける事ができます。【INFO画面モード】にすると、液晶モニタに画像が表示されなくなるのでEVFを使用しての撮影になります。

情報表示モード

Qボタンではカメラの設定を確認し、ダイヤルを使って各項目の設定を行うことが出来ます。

Qボタンを使って設定、確認できる項目

  • カスタム選択
  • ISO感度
  • ダイナミックレンジ
  • ホワイトバランス
  • ノイズリダクション
  • 画像サイズ
  • 画質
  • フィルムシミュレーション
  • ハイライト
  • シャドー
  • 彩度
  • シャープネス
  • タイマー
  • フォーカスモード
  • フラッシュ
  • 液晶モニタの明るさ
ダイヤルボタン

Qボタンを使って「この設定を記憶しておきたい!」という場合があります。そんな時は【カスタム登録】機能を使い、設定を記憶しておくと便利です。

【Qボタン】を押して、左上の【カスタム選択】を選択した状態で【Qボタン】を長押しします。画面が下の画像のように切り替わります。【カスタム登録/編集】にカーソルを合わせ、カーソルの【→ボタン】を押します。

カスタム登録

【→ボタン】を押します。

設定のカスタマイズ

【現在の設定を反映】を選択し【→ボタン】を押すと各項目の設定が現在のカメラ設定に変更されます。

カスタマイズの種類

【実行】を選択し、【OK】を押せばカスタム登録に保存されます。

Qボタンの設定

最大7つまで登録しておきたい項目を保存できます。

カスタム登録

一度保存したカスタム登録を編集する事ができます。【カスタム登録/編集】から、【→ボタン】を押し各項目のレベルを調節します。

カスタム登録の編集

私はQボタンを使い、ハイライト、シャドー、カラー、シャープネスの4つの項目を設定変更してます。たまにタイマーをQボタンから変更してます。

その他の項目の変更はファンクションキーから設定変更を行ってます。

X-E2ファンクションキーの設定

  • Fn(Wi-Fi)→ISO感度
  • AE→画像サイズ
  • Fn2→フィルムシミュレーション
  • AF→ホワイトバランス

私は撮影する時、ファンクションキーで主要な設定を行い、ハイライト、シャドーなどの細かい色設定をQボタンで確認/設定を行う流れです。

ファンクションキーは自分がよく使う項目を押しやすい位置に登録しておくと、使いやすいカメラになると思います!

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

Heads up! You are attempting to upload an invalid image. If saved, this image will not display with your comment.

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    メルマガ購読

    ブログ記事の更新情報を無料でメール配信しております。


     

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top