X-E2とXF60mmを使ったマニュアルフォーカスのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
X-E2とXF60mmを使ったマニュアルフォーカスのコツ

XF60mmの親指フォーカスを使ったピント合わせの方法を詳しく紹介いたします。「親指フォーカス」を使うことでマニュアルフォーカスモードの場合でもピントの微調整をするだけで瞬時にフォーカシングが出来ます。

X-E2

親指フォーカスの手順

X-E2のボディー前面のフォーカス切り替えレバーを【M(マニュアルフォーカスモード)】にします。

フォーカスモード切り替え

【MACRO】ボタンを押してマクロモードに切り替えます。 XF60mmの最短撮影距離は26.7cmです。この距離よりも被写体から離れている事を確認します。最短撮影距離よりも近いと、ピントは合いません。

マクロモード

被写体にレンズを向けたら【AF-L】ボタンを押してみましょう。

親指フォーカスボタン

ピントが合いました。次に【Qボタン】の右側の【ダイヤルボタン】を押してみます。

フォーカス拡大ボタン

ダイヤルボタンを押すと画面が拡大します。

一発でピントが合う

ダイヤルボタンを左右に動かすと、更に倍率の上げ下げができます。倍率を上げれば、より細かなピント合わせが可能になります。

倍率を上げる

コインの中央部にピントを合わせて撮影しました。この段階ではまだフォーカスリングは回してません。

xf60mmで撮影FUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/60 sec, ISO800)

もし、フォーカスしている部分がわかりにくい場合には、ピーキングを変えてみましょう。設定画面から【MFアシスト】を選択します。

MFアシスト切り替え

フォーカスピーキングのカラーと強度を変えてみます。カラーは【ホワイト、ブルー、レッド】それぞれ弱か強を選べます。

最もピント位置が分かりやすいのが【レッド:強】だと思います。ただ、ピント部分がチカチカして撮影に集中できない場合があるので、用途に応じてピーキングの種類を使い分ける必要があります。

フォーカスピーキング

フォーカスリングを回してピント位置を奥の方へ移動してみました。ピントの山が波のように移動しているのが確認できます。

フォーカスピーキングを赤に

中央から奥にピント位置が移動しました。

ピント位置を変えるFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/60 sec, ISO800)

今度はコインの手前の方にピントを合わせてみます。

xf60mmでマニュアルフォーカス

百円玉の方はギザギザの部分まで確認できるようになりました。撮影距離が短いので被写界深度(ピントの深さ)はとても浅いですね。

xf60mmマクロ撮影FUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/60 sec, ISO800)

ここまでは、X−E2の液晶画面を撮影するために三脚を使って撮影してました。物撮りをする時に役に立つ小型三脚です。

私の場合、換算91mmのXF60mmを使う時には【ISO AUTO6400で最低シャッター速度1/200】に設定してます。

望遠だと広角に比べてブレが目立ちやすく、ある程度シャッター速度が早くないと失敗写真になってしまいます。もっと遅いシャッター速度でもブレないように訓練が必要ですね。

X-E2のISO AUTO設定

手持ちで撮影した写真です。絞りは開放のF2.4。シャッタースピードはマニュアルで1/180に設定。ISO感度が低いと真っ暗になってしまいますので、ISO2000に上げました。

手持ち撮影FUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/180 sec, ISO2000)

基本はフォーカスリングでピントを合わせますが、ファインダーをおでこ(眉毛)にくっ付け、体を前後にわずかに移動させてピント位置を合わせる方法もあります。

特に、花の雄蕊などピントが非常に浅い場合にはリングを回すよりも自分が動いてしまったほうが楽にピント合わせができます。いろいろ試してみてくださいね!!

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top