SIGMA dp2 Quattroの実機貸出イベントに参加してみた

0
1033

とても気になるコンパクトデジタルカメラSIGMA dp2 Quattro。一眼レフをも凌ぐほどの超高解像度な写真が撮影できる異端カメラ。

このカメラが試せるという事で、銀座で行われたSIGMAのイベント【dp2 Quattro実機貸出イベント】に参加してみました。

GinzaのEizo

イベント概要

イベント名 SIGMA dp2 Quattro 体感イベント
イベント日時 2014年9月6日
場所 EIZO ガレリア銀座
東京都中央区銀座7丁目3番7号
ブランエスパ銀座ビル3階
イベント内容 ・SIGMA dp2 Quattro 実機貸し出し
・SIGMA Photo Pro 6現像体験
・CANSONペーパープリント体験
・EIZO ColorEdge カラーマッチング体験

開場は2014年1月10日に移転したばかりのEIZOのオフィス。

ガレリア銀座

こちらがSIGMA dp2 Quattroです。レンズフードが付けられており、とても存在感があります。

SIGMA dp2 quattro

光学ファインダーVF-41。造りがシッカリしており、重量感があります。

dp2 quattro光学ファインダー

VF-41

SIGMA dp2 quattro

「グリップを付けると安定感が増す」との事。

SIGMA dp2 quattroハンドグリップ

スタッフの方からグリップを付けた時の撮影のコツを学びました。左手でグリップとカメラを写真の様に固定。右手の親指でシャッターを押す構えになります。こうすることで、シャッターを切るときのブレが緩和されるそうです。

SIGMA dp2 quattro

SIGMA dp2 Quattroには予備バッテリーが付属します。ストラップにバッテーリー用の小さいケースが付いてました。

dp2 quattro予備バッテリー

最大で200枚ほど撮れるそうです。

予備バッテリー収納ケース

カメラの基本設定。ISOはAUTO800に設定。ホワイトバランスはAUTO。

基本操作説明

SIGMA dp2 Quattroの準備完了。

SIGMA dp2 quattro

実際に手にしてみると、とても大きく感じます。ズッシリとした重み。レンズフードが目立ちます。

dp2 quattroのレンズフード

ファインダーを覗いてみるとレンズフードの一部が視界の中に入ります。ちょっと気になりました。

dp2のquattro光学ファインダー

マニュアル撮影の時、ダイヤルで絞りとシャッタースピードを調節します。

絞り、露出、スピードダイヤル

カメラ背面を見た状態。

dp2-quattroハンドグリップ

試し撮りをしている最中に、イベント一般参加者に出会いました。

SIGMA dp2 quattroとMerrill

この方は4年間ほどSIGMA Merrillを愛用しているとの事です。

SIGMA dp2 Merrill

手でカメラを支えてシャッターを切る時に、どうしてもシャッター側がガクンっと傾いてしまうとの事。また、晴れの日には液晶モニタが見えにくく、外付け光学ファインダーを覗いて撮影しているそうです。

シャッターボタン

カメラにはハンドグリップをつけて撮影。

カメラグリップ

MerrillとQuattroの違いを訪ねてみました。「dp2 Quattroはダイナミックレンジが良く効いている!」との事です。液晶モニタ上でしか確認してませんが、木々を撮影した時に色潰れすること無く描写できた。と仰ってました。

SIGMA dp2 quattro

次の記事では私が撮影したSIGMA dp2 Quattroの作例をご紹介いたします!

コメントを書く

必須項目をご入力ください
必須項目をご入力ください