FUJIFILM Camera Applicationを使いWi-Fiで写真を転送する方法

iPad FUJIFILM Camera Application-8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
FUJIFILM Camera Applicationを使いWi-Fiで写真を転送する方法

ケーブルレスで無線(Wi-Fi)でX-E2に保存されている写真をiPad(iPhoneやAndroid)に転送する方法をご紹介いたします。

ケーブルを使用した方法はコチラの記事をご参考にしてみてください。

FUJIFILM Camera Application概要

料金 無料
対応OS iOS/Android
対応カメラ Xシリーズ:FUJIFILM X-E2, FUJIFILM XQ1, FUJIFILM X-M1, FUJIFILM X-A1
使用した機材 カメラ:FUJIFILM X-E2
写真転送先:iPad Air2
 URL https://itunes.apple.com/jp/app/fujifilm-camera-application/id544614669?mt=8

※X-T1、X-30の場合はFUJIFILM Camera RemoteFUJIFILM Photo Receiverを使用します。

X-E2とiPad Air2

AppStoreのから「FUJIFILM」と入力して 検索するとFUJIFILM Camera Applicationが表示されます。

AppStoreでダウンロード

FUJIFILM Camera ApplicationとFUJIFILM Camera Receiverの違い

カメラ内の写真を閲覧したり、転送する事ができる点では違いはありません。公式ページの使い方説明によると共有ではFaceboo、Twitter、mixiに共有できますが、FUJIFILM Camera Applicationではmixiには共有できません。(※2014/10/30現在)

camera-app

Wi-Fiを使用した写真の転送方法

X-E2の撮影メニューから【ワイヤレス通信】を選択

X-E2のWi-FiをONにする

X-E2がWi-Fiモードになります。

X-E2のWi-Fi設定

iPadのWi-Fiの接続先を【FUJIFILM X-E2◯◯◯】に設定します。これでiPadとX-E2がワイヤレス接続された状態になります。家庭用の無線LANやPocket WiFiはひつようありません。

iPadのワイヤレス通信

カメラに保存されている写真が画面に表示され始めます。

X-E2の写真をiPadで閲覧

3×3の大きめのサムネイル表示。

X-E2の写真をiPadで閲覧

画面右下のアイコンをタップすると5×6の小さなサムネイルで表示できます。

X-E2の写真をiPadで閲覧

右上の【+】ボタンをタップするとフル画面で表示できます。

X-E2の写真をiPadで閲覧

iPadに取り込みたい写真にチェックを入れて【取り込む】ボタンをタップします。1枚2秒前後で写真が転送されます。

X-E2の写真をwifiで転送

もし、iPadとの接続が切れていると『接続先が見つかりません』と表示されるのでX-E2とWi-Fi接続されているかiPadのWi-Fi接続設定を確認します。

Wi-Fi接続エラー

状況に応じて、Wi-Fiやケーブルを使って写真をモバイル機器に転送できればその場で写真を共有できるので楽しみの場が広がりますね!

写真を撮ったら直ぐにシェアできます!

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

Heads up! You are attempting to upload an invalid image. If saved, this image will not display with your comment.

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    メルマガ購読

    ブログ記事の更新情報を無料でメール配信しております。


     

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top