X-E2のマニュアルフォーカスでピントを合わせる方法

XE2 XF23mm マニュアルフォーカス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
X-E2のマニュアルフォーカスでピントを合わせる方法

X-E2(XF23mm F1.4R)のマニュアルフォーカスを使ってピントを合わせて撮影する方法をご紹介いたします。

マニュアルフォーカスを使ったX-E2撮影法

フォーカスモードの切り替えはボディ前面にある【S,C,M】と表示されているレバーをひねって行います。

  • S:シングルフォーカス(オートフォーカス)
  • C:コンニュアンスフォーカス(動いているモノを撮影)
  • M:マニュアルフォーカス(手動でピントを合わせる)

今回はマニュアルフォーカスなので【M】に合わせて操作を行います。

X-E2 XF 23mm FOCUS MODE-1

下の2つのモデルはフォーカスリングを引っ張ることでフォーカスモードの切り替えが可能です。左手でレンズを持ったままフォーカスモードの切り替えができるので、とても使いやすいです。

XF14mm F2.8 R XF23mm F1.4 R
参考画像 FUJINON XF14mm F2.8R FUJINON XF23mm F1.4R
重量 235g 300g
最短撮影距離 18cm 28cm

フォーカスリングを手前に引っ張ると被写界深度計が出てきます。

X-E2 XF 23mm FOCUS MODE-2

物撮りする時にはマニュアルで露出を固定しておくと後々ラクです、撮影後に写真の明るさが一定になるので管理/編集がしやすくなります。

X-E2 XF 23mm FOCUS MODE-3

露出レベルの確認は画面左端のメモリを 見ながら行います。

X-E2 露出を確認

X-E2のバージョンが2.0にアップデートされ、ピーキング(フォーカスエリアの確認)の色が増えました。

デジタル スプリットイメージを利用したフォーカスの合わせ方はこちらを御覧ください。

ピーキングカラーは自分が見やすいものを選択します。今回は目立つようにレッド(強)を選択。

X-E2 ピーキングモード

フォーカスを合わせるエリアを設定します。X-E2のデフォルトではカーソルキーの【↓】がフォーカスエリア設定ボタンになってます。このボタンを押すと画面が下のような状態になります。

X-E2マニュアルフォーカス

四角い枠をフォーカスが合わせたい部分に 移動させます。

X-E2 XF 23mm FOCUS MODE-7

フォーカスエリアが設定できたら 【Qボタン】の右側にあるダイヤルを押してみます。

X-E2フォーカス確認

被写体が拡大して表示されます。フォーカスリングを回してピーキングを参考にしつつ、ピントを合わせてみましょう。

X-E2 XF 23mm FOCUS MODE

拡大された状態だとフォーカスをより細かく合わせることが出来ますね。

X-E2 XF 23mm FOCUS MODE

ピントが合ったらシャッターを半押しします。画面が元の状態に戻ります。シャッターを切ります。

X-E2 XF 23mm FOCUS MODE

一番手前のゴボウのようなボールにピントを合わせて撮影しました。

X-E2 XF23mmFUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/1.4, 1/60 sec, ISO200)

今度は中央のボールにピントを合わせてみます。

X-E2マニュアルフォーカス

拡大するダイヤルを1回押すとここまでしか拡大されませんが

X-E2マニュアルフォーカス

拡大された状態でダイヤルを左右に回してみると。。

X-E2マニュアルフォーカス

さっきよりも更に拡大して表示することが出来ます。ダイヤルを回しながら自分の見やすい大きさに変えて撮影しましょう。

X-E2マニュアルフォーカス

手持ちだとシャッターボタンを押した時に手ブレを起こしやすいです。三脚がない場合はタイマー機能を使って手ブレを防ぎます。この時、タイマーは2秒に設定しておきます。シャッターボタンを押したら動かないように手元を固定しておきましょう。

X-E2マニュアルフォーカス

F値が低ければ低いほどピントが合う範囲が狭くなり、背景がボケやすくなります。注意しなければならないのは、ピンぼけになる確率が高くなるので、被写体が直ぐ近くにあるような場合はピントが合っているかどうかシャッターを切る前にシッカリ確認しましょう。

X-E2 XF23mmFUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/1.4, 1/60 sec, ISO200)

一番後ろのボールにピントを合わせてみました。

X-E2 XF23mmFUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/1.4, 1/60 sec, ISO200)

マニュアルフォーカスと聞くとチョット難しそうな気がしますがオートフォーカスでは味わえない楽しさがあります。暗い場所などでオートフォーカスがなかなか合わない場合はマニュアルフォーカスの出番です。好きな位置にピント合わせができるメリットもあるので試してみてくださいね。

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top