マクロ+接写リングで花を撮る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
マクロ+接写リングで花を撮る

X-E2のマクロ機能+接写リングK-AETS FUJIXを使って花をマクロ撮影してみました。レンズはXF23mmを使用してます。

XF23mm F1.4マクロ使用時の最短撮影距離

マクロモードに切り替えると被写体から約30cm離れた位置から撮影することができます。マクロ(接写)撮影する際はマクロモードの設定をお忘れなく。

  • 通常撮影:0.60cm
  • マクロ使用時:0.28cm
X-E2 macro

マクロ機能を使えば被写体から28cmのところまで近づけます。コンデジを使っている方は28cmという距離は遠く感じるかもしれません。GRの場合は10cmまで寄ることができます。どこまで寄れるかはレンズの種類によります。

XFレンズの最短撮影距離一覧
モデル名 F値 最短撮影距離 最大撮影倍率
XF14mm 2.8 0.18m 0.12倍
XF18mm 2 0.18m 0.14倍
XF10-24mm 4 0.24m 0.16倍
XF60mm macro 2.4 0.267m 0.5倍
XF23mm 1.4 0.28m 0.1倍
XF35mm 1.4 0.28m 0.17倍
XF18-55mm 2.8 0.3m 0.15倍
XF27mm 2.8 0.34m 0.1倍
XF18-135mm 3.5 0.45m 0.27倍
XF56mm 1.2 0.7m 0.09倍
XF55-200mm 3.5 1.1m 0.18倍

広角になれば最短撮影距離が短くなり、逆に望遠だと長くなります。

XF23mm + 接写リング(K-AETS FUJIX)の組み合わせ

XF23mmの最短撮影距離は0.28mです。これ以上寄るとピントが合わなくなります。大きく被写体を撮影したい場合はマニュアルフォーカスモードで最短撮影距離に固定カメラを前後に移動してピント合わせを行います。

接写リングの使い方や作例についてはこちらの記事をご参照ください。

接写リング使用時の撮影距離範囲

撮影可能な距離が数センチしかありません。ピントリングよりもカメラを前後に移動させてた方がピント合わせがし易い場合もあります。

K-AETS X-Mount

ボケと被写界深度の薄さ

被写体とカメラの距離が近いほど被写界深度が薄く(狭く)なります。接写リングを付けた時の感覚としては数ミリの薄さです。ピントが合わず失敗を繰り返すので何枚も撮影します。狙った所にピントを合わせるのはとてもむずかしいです。

fujifilm x-e2 macro-1FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/2, 1/250 sec, ISO200)
fujifilm x-e2 macro-2FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/2.5, 1/250 sec, ISO640)

ピント以外のボケ感はとても柔らかいですね。

fujifilm x-e2 macro-3FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/2.8, 1/320 sec, ISO800)
fujifilm x-e2 macro-4FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/2.8, 1/320 sec, ISO640)

開放(f1.4)で撮影するとボケボケになるのでf2.8まで絞って撮影。もうちょっと絞っても良かったかもしれません。

fujifilm x-e2 macro-5FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/2.8, 1/320 sec, ISO640)

外で花を撮影する場合は風が吹いているので被写体が揺れます。そんな時はシャッタースピードを1/500以上に設定。

fujifilm x-e2 macro-6FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/2.8, 1/320 sec, ISO640)

フィルムシミュレーション

Velviaは使わない

植物を撮る時のフィルムシミュレーションはベルビアを使用し鮮やかに見せたいですね。しかしベルビアを使うと色が濃くなり過ぎて色カブリを起こす確率が高くなります。

fujifilm x-e2 macro-7FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/2.8, 1/320 sec, ISO640)

AstiaもしくはProviaを使う

色を薄くすればで色カブリを防ぐ事ができます。色の好みにもよりますがAstiaを使うと彩度が減り、花びら1枚1枚のディテールをクッキリと撮ることができます。

fujifilm x-e2 macro-8FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/2.8, 1/320 sec, ISO640)

フィルムシミュレーションの比較についてはこちらの記事をご参照ください。

X-E2FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/2.8, 1/320 sec, ISO1000)
fujifilm x-e2 macro-10FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/4, 1/320 sec, ISO320)

花びらの先端

fujifilm x-e2 macro-11FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/2.8, 1/320 sec, ISO640)

接写リングを使えば撮影倍率を上げる事ができます。お持ちのレンズをマクロレンズに変えられます。しかし、ピントが合いにくく練習が必要。マクロ対応レンズXF60mm F2.4 macroを使えばもっとカンタンにマクロ撮影ができますよ!

XF60mmのレンズを使った作例はこちらの記事をご参照ください。

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top