X-E2のスローシャッターで滝・川の流れを撮る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
X-E2のスローシャッターで滝・川の流れを撮る

X-E2を速度優先モードに設定しスローシャッターで竜頭の滝を撮影してみました。スローシャッターで川の流れをキレイに出すための設定をご紹介いたします。

速度優先モード

X-E2にはシャッターダイヤルが付いてます。このダイヤルを回すことで速度優先モード(絞りがAの場合)になります。写真のように【15】の位置に設定するとシャッタースピードは1/15秒になります。

X-E2のシャッターダイヤル

シャッターダイヤルが付いたカメラのメリット

私がFUJIFILMのカメラを購入した理由がコレなのですがモード切り替えが非常にラクです。

速度優先モードにしたければ、絞りをA→シャッタースピードで秒数を決めれば完了。液晶画面を見なくてもシャッタースピードが把握できます。

X-E2シャッターダイヤル

流し撮りをするときにも速度優先モードがオススメです!

シャッターダイヤル付きのXシリーズ(※2014/11/1 現在)

  • X-T1
  • X-Pro1
  • X-E2、X-E1
  • X100T、X100S、X100

シャッタースピードによる見え方の変化

シャッタースピードによって、どのように水の流れが変化するかはこちらの記事をご覧くださいませ。水しぶきの状態から真っ白なシルク状の水の流れまで表現できます。

 スローシャッターで撮る時に必要なアイテム

三脚

シャッタースピードが遅くなると手ブレが原因で失敗写真になります。三脚があれば手ブレによる失敗は解消されます。もし三脚がない場合は環境を利用します。

三脚の代わりになるようなモノを探します。大きめの石を拾ってきてカメラを固定したり角度をつけたり、手すりがあればそこにカメラを置きます。

その際にカメラが落下しないように気を付けましょう。

シャッターダイヤルを操作

手ブレ失敗写真

使用したレンズは手ぶれ補正が効くXF18-135mmです。しかし手ブレ補正が付いているとは言えシャッタースピードが1秒以上になると、さすがにブレます 。

竜頭の滝をスローシャッターで撮影FUJIFILM X-E2 (18.5mm, f/18, 1/1.3 sec, ISO200)

三脚を使って上の写真と同じシャッタースピード(1/1/3秒)で撮影してみました。 水だけが白く染まり背景の木や岩はブレずにシッカリと描写されてます。

竜頭の滝をスローシャッターで撮影FUJIFILM X-E2 (18mm, f/22, 1/1.3 sec, ISO200)

竜頭の滝付近の橋から撮影した写真です。シャッタースピードは1/8秒です。

スローシャッターで撮影FUJIFILM X-E2 (27.9mm, f/8, 1/8 sec, ISO400)

 1/4秒よりも長い露光時間の場合

シャッターダイヤルの数値は【4(1/4秒)】までしかありません。これ以上長い露光の場合はシャッターダイヤルを【T】に合わせます。

X-E2のシャッターダイヤル

ボディ背面にあるダイヤルを左右に回すとシャッタースピードが変えられます。

スピードを調節

シャッターダイヤルを【T】にした時に最も速いスピードは【1/2秒】です。

1/2秒

分かりにくいのが【1/2秒】と【2秒】の違いです。

  • 1/2の場合:2
  • 2秒の場合:2 ”
2.0秒

最大【30秒】まで露光できます。

30秒

露光時間によって水の流れの見え方がガラリと変わるので、同じ場所で撮影してもいろんな変化を楽しめますよ!

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top