単焦点って不便じゃない!?

FUJINON Lens
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
単焦点って不便じゃない!?

現在、FUJINON単焦点レンズXF60mm F2.4を購入するかどうか検討中である。
仮にXF60mmを手に入れた場合、手持ちのレンズはXF23mmとXF60mmになる。結果、単焦点レンズを2本所有する事になる。

レンズ名 XF60mm F2.4 macro
(単焦点レンズ)
XF18-55mm F2.8-4
(ズームレンズ)
画像 fujinon xf60mm f2.4 macro fujinon xf60mm f2.4 macro
35mm換算 91mm 27-84mm
価格 60,000円前後 55,000円前後
重量 215g 310g

なぜズームレンズを買わないのか?

こんな疑問を持たないだろうか?「ズーム買えば良いじゃん!」確かにズームレンズ(XF18-55mm)を使えば、ほぼ23mm〜60mmの画角をカバーすることができる。

xf18-55mmFUJIFILM X-T1 (55mm, f/4, 1/500 sec, ISO320)

しかも値段も安い。18ー55mmであれば値段は55,000円位で手に入る。ところが単焦点の場合、XF23mm+XF60mmの合計価格は15〜16万位になる。

xf18-55mmFUJIFILM X-T1 (31.5mm, f/3.6, 1/800 sec, ISO200)

ズームを使えば画角に応じてレンズを交換する必要もなくなる。しかもレンズ一本で広角から望遠まで対応できる。ズームレンズはコスパに優れ使う場所を選ばない便利な道具である。

xf18-55mmFUJIFILM X-T1 (55mm, f/4, 1/70 sec, ISO200)

その事を踏まえた上で私はズームレンズは購入しないと決めている。

X-T1撮影会にて

X-T1撮影会で18ー55mm標準ズームを使用したが、レンズ一本で広角望遠の両方とも使えるし、寄れない場所もレンズを捻れば被写体を手元にググッと引き寄せる事ができる。大変便利な道具だ。

単焦点を使う理由

なぜズームレンズを買わないのか?単焦点レンズにこだわり続けるのか?
単焦点といえば明るくてブレにくい。ボケやすい。画角が一定だから構図が取りやすい。などのメリットがあるが、それ以外の単焦点を使うべき理由についてまとめてみた。

X-E2 XF23mm F1.4-2

理由その1:楽しい

ズームを使えば手元の操作だけで収めたい構図にまとめる事ができる。しかし単焦点レンズの場合、そうはいかない。自分の足で動き、場合によっては手をグイ〜と伸ばし変な姿勢をしながら撮影することもある。スナップ撮影する際は、チョコマカとせわしなく動き続ける。「単焦点って面倒くさそう。。」と思うかもしれない。しかし使えば使うほど画角が身につき、どこから撮ればどんな画角で切り取れるかをファインダーを覗く前から分かるようになる。そうするとフレーミングするという作業が楽しくなる。更に、普段デスクワークの私にとっては丁度良い運動になる。

X-E2 XF23mm F1.4-1

理由その2:上手くなりたい!

自分の足を使い構図を決めて被写体を捕らえるので、写真の上達が速いらしい。

FUJIFILM X-E2FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/1.4, 1/1700 sec, ISO400)

理由その3:継続する

継続する事は難しい。せっかく単焦点で撮り続けているので、このまま貫き通したい。「単焦点一筋30年です!」くらい言ってみたいなぁ。

x-e2 photoFUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/3.6, 1/200 sec, ISO400)

生涯、単焦点を使い続けられるか否か。考え方が180°変わり「やっぱりズームだわ」となる事もこれからの人生の中で起こりえるかもしれない。

x-e2 photoFUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/1.4, 1/170 sec, ISO3200)

もしその日が来たら、「私が単焦点からズームレンズに移行した理由」というタイトルで記事を書こうと思う。

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top