GRファームウェアをVer4.00にアップデート

RICOH GR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
GRファームウェアをVer4.00にアップデート

まだまだ続くGRのファームウェアアップデート!2ヶ月前に3.0にバージョンアップしたばかりです。前回のアップデートでは「かすか」というエフェクトの追加や銀塩GRと同程度の周辺減光が得られる「周辺減光(オリジナル)」モードの追加など、絵作りできる幅が広がりました。

今回のアップデートではどんな機能が追加され、どのように使いやすくなるのでしょうか。検証してみたいと思います。

アップデート内容

項目 内容
ダウンロードURL http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/support/download/digital/gr_s.html
環境設定 エフェクト「シフトクロップ 」が追加
セットアップ 「AFモード」が追加
【高速】と【ノーマル】から選択
 セットアップ 「カード連番No」 が追加
セットアップ 「再生アニメーション」 のON/OFF選択可

その他

  • RAWファイル削除時、1ファイル削除]は(RAW+JPEG削除)(JPEGのみ削除)(RAWのみ削除)から選択
  • 「絞りプレビュー」の操作性改善
  • MacとUSB接続の安定性向上

バージョンアップの手順はこちらの記事をご参照下さい。

GRファームウェアアップデート

シフトクロップモード

今回も新エフェクトが追加されました。しかし従来のエフェクトの様に画像の色や質感が変わるわけではありません。撮影した画像を正方形(1:1)にするためのモードです。「エフェクト」というより「アスペクト比」ですね。

GRファームウェアアップデート

シフトクロップモードで撮影してみました。液晶画面の右側がグレーに変わります。左側の範囲(1:1)だけ撮影することができます。

ricoh-gr

シフトクロップモードで撮影してみました。

シフトクロップRICOH GR (28.0mm, f/4, 1/10 sec, ISO100)
シフトクロップ

シフトクロップは【クロップモード】と同時に使用する事ができます。GRのクロップモードは35mm換算で35mmと47mmの画角にクロップ(トリミング)して撮影できます。

35mmシフトクロップ

下の画像は35mmクロップ + シフトクロップを使用し撮影したサンプルです。

シフトクロップ + 35mmRICOH GR (28.0mm, f/4, 1/10 sec, ISO100)
シフトクロップ + 35mm

こちらは47mm + シフトクロップ

シフトクロップ + 47mmRICOH GR (28.0mm, f/4, 1/10 sec, ISO100)
シフトクロップ + 47mm

シフトクロップ不使用のサンプル写真です。28mm

GR Normal ModeRICOH GR (28.0mm, f/4, 1/10 sec, ISO100)
Normal

35mmクロップモード

35mmRICOH GR (28.0mm, f/4, 1/10 sec, ISO100)
35mm

47mmクロップモード

47mmRICOH GR (28.0mm, f/4, 1/10 sec, ISO100)
47mm

オートフォーカスの高速化

すごく地味ですが、意外と頑張ったアップデートがオートフォーカスの高速化。スピードの体感は明るい環境だと違いがわかりにくいです。従来はコントラストが薄い場合や暗い環境だとフォーカスを合わせる動きがモッサリしてました。しかし、【AFモード】を【高速】にすることで多少テキパキ動くようになります。

【高速】にすることでオートフォーカスは早くなりますが、バッテリーの減少にどう影響するかはわかりません。速いに越したことはないので私はAFモードを【高速】で使い続けます。

GRファームウェアアップデート

写真のファイルナンバー

【OFF】に設定するとSDカードを入れ替えた時にファイル名が(##-###1)から記録されます。

GR ファームウェアアップデート

RAWファイル削除時の項目の選択

RAW + JPEGで撮影した写真を削除する時に3つの項目から選択できます。

  • RAW+JPEG削除
  • JPEGのみ削除
  • RAWのみ削除
GR-file-number

以上です。

PCやスマホのようにソフトウェアをアップデートすることで機能が追加されたり性能がアップされるので有難いですね。これからも進化し続けるGRに期待です!

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

    • ケン
    • 2014年 6月 22日 9:40

    洗練されたWEBデザインとサンプル写真はプロのWEBデザイナーだからだったんですね、文章も慣れてらっしゃるのでとても読みやすいです。そこでGR初心者から質問ですが、1;1の比だったら縦でも横でもパースのつきかたは同じように思い、実際に撮って見比べると同じ画になりませんね。何故なんでしょうか?センサーが長方形のためでしょうか?

      • ダーフク
      • 2014年 6月 22日 6:25

      ケンさん

      こんにちは!
      ダーフクです

      お褒めいただきありがとうございます!
      仕事にも関連しているのかもしれないですね(^^)

      >>1;1の比だったら縦でも横でもパースのつきかたは同じように思い、実際に撮って見比べると同じ画になりませんね。
      確かにそうですね。

      私も同じことを感じました。
      こればっかりは私にも理由がわかりません(^_^;)

      あしからずで申し訳ございません。

    • まー
    • 2014年 6月 18日 10:58

    ダーフクさんが紹介するカメラはどれも私の好みで、どの記事も興味深い内容に加えてとても読みやすいため、更新を楽しみにしております。

    今回のシフトクロップについてですが、アスペクト比をただ1:1にクロップするだけの目的ではないようです(アスペクト比の変更なら元からありましたしね!)。メーカーとしては、縦位置で水平に構えて撮影することでパースの少ない、構図の安定した写真を撮ることを目的にしたエフェクトのようですよ!

      • ダーフク
      • 2014年 6月 18日 11:27

      まーさん

      こんばんは!ダーフクです。
      コメントありがとうございます!

      >>縦位置で水平に構えて撮影することでパースの少ない、構図の安定した写真を撮ることを目的にしたエフェクト

      なるほど!そうだったんですね!
      なぜ、エフェクトにアスペクト比の変更が入っているのか不思議に思いましたが、モヤモヤが晴れました!

      ありがとうございます!
      また、ブログを見て頂いて嬉しいです!

      今後もGRの記事を書いていきますのでよろしくお願い致します(^_^)/RICOH GR,ISO400, 1/60s, F5.0
      Photo by ダーフク

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

Heads up! You are attempting to upload an invalid image. If saved, this image will not display with your comment.

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    メルマガ購読

    ブログ記事の更新情報を無料でメール配信しております。


     

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top