2本目の単焦点レンズ!XF60mmマクロを購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
2本目の単焦点レンズ!XF60mmマクロを購入

XF23mm F1.4に続き、この度、XF60mm F2.4 macroを購入。「オレはXF23mm一本で撮りきる!」という信念はどこえやら。「本格的にポートレートやマクロ撮影をしてみたい!」という欲に耐え切れず、XF23mmを使い始めてからわずか7ヶ月でXF60mmの購入へと踏切った。

XF60mm macro

XF60mmのスペック

画像
型番 XF60mmF2.4 R Macro
F値 F2.4〜F22
最短撮影距離範囲 26.7cm
最大撮影倍率 0.5倍
質量 215g
フィルターサイズ 39mm
価格 55,000円前後

XF60mmを買った理由

メインで使っているレンズXF23mm(換算35mmの画角)は物撮り、ポートレート、風景など被写体を選ばない。見たままの画角を切り取ることができるオールラウンドのレンズである。しかも広角なのによくボケる。それなのに、何故レンズを追加したのか。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/450 sec, ISO400)
xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/450 sec, ISO400)

ポートレート

X-T1撮影会神代植物公園撮影会に参加した時に、花をマクロ撮影する方法を学んだ。その時に使用したレンズがXF60mm。ラッキーな事にセミナーの最中にポートレート撮影の講習が行われた。この時、初めて実感したのが広角と望遠で人物の映りが全く異なる印象になるということだった。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.8, 1/125 sec, ISO2000)

広角と望遠で映りが違う?

広角レンズだったら「足で被写体に寄って撮ればいい。」と思っていた。しかし寄って撮ったものと望遠(中望遠)で撮ったものは全く雰囲気が違っていた。「被写体がググッ〜と浮き立つ」そんな感じがした。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/500 sec, ISO200)

ネットに掲載されている望遠で撮影したポートレートのサンプルを何枚見ても何も感じなかった。しかし自分で撮った時に「全っ然違う!」と衝撃を受けた。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/220 sec, ISO200)
xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/125 sec, ISO640)

XFレンズのレンタルサービスやFUJIFILM撮影会でレンズを試す

このままずっとXF23mm一本でいくか、それともポートレートに最適なXF56mmを買うか。もしくはマクロ撮影も楽しめるXF60mm?かなり迷った。失敗しないカメラ選びのコツ!の記事通り撮影会に参加したり、家電量販店で実機を手にとって感触を確かめたり、最近始まった池袋にあるXFレンタルサービスを利用して自分に合ったレンズは何かを検討し続けた。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/50 sec, ISO3200)

ポートレートならXF56mmか?

XF56mm人物を撮るのに適したレンズである。公式のFUJIFILMのXF56mmサンプル写真には「このレンズでポートレートを撮りなさい」と訴えかけるように、人物写真のサンプルが数多く掲載されている。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/1100 sec, ISO200)

XF56mmとXF60mmの比較

レンズ名 XF56mm F1.2 XF60mm F2.4 macro
画像
開放F値 F1.2 F2.4
最短撮影距離 70cm 26.7cm
 最大撮影倍率 0.09倍 0.5倍
重量 405g 215g
価格 100,000円前後 55,000円前後

被写界深度の薄さ。難易度の高さ

XF56mmは換算85mmの中望遠レンズ。撮影距離にもよるが、開放のF1.2で撮影すると被写界深度が非常に浅く、ピント合わせがシビアだ。どうしてもXF56mmを使うと「せっかくだから開放で撮ろう!」という欲が出て明るい環境でも開放で撮影してしまう。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/250 sec, ISO200)

撮影後、カメラの液晶モニタでピントを確認すると合っているように見える。しかし自宅に帰ってPCのモニタで拡大してみるとモヤモヤとボケている。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/200 sec, ISO800)

XF56mmでピントを正確に合わせるには、オートフォーカス+顔認識モードで撮影するのではなく、マニュアルフォーカスモードに設定してピーキングやデジタルスプリットイメージを使いでピントの山を見極めながらシャッターを切る必要がありそうだ。XF56mmを使いこなす技術は私には無かった。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/210 sec, ISO400)

それに対し、XF60mmは開放でF2.4。開放からソコソコの被写界深度が保てる。また、ピントが合う部分がクッキリと鮮明に描写される。また換算91mmは十分過ぎるくらいボケる。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/125 sec, ISO250)

マクロ撮影

XF60mmの最短撮影距離が26.7cmである。XF23mm(28cm)よりも寄れる。コンデジのスーパーマクロを使用した感覚で撮れるのでマクロ撮影が凄く楽しい。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/200 sec, ISO2500)

撮影対象の変化

花には全く興味関心が無かった。しかし今となっては道に咲いている花を見ると、立ち止り「マクロ撮影したらどんな風に映るか?」と考え花を色んな角度からぐるぐると観察してしまう。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/3.2, 1/600 sec, ISO200)

XF60mmの弱点

XF60mmはXF23mmやXF56mmに比べてフォーカススピードが遅い。ファームウェアアップデートにより像面位相差対応にはなったもののレンズの仕組み上、限界があるように感じる。しかし、ストレスを感じるくらいに遅いわけではないので、十分許容範囲内である。

xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/2.4, 1/240 sec, ISO400)
xf60mm macroFUJIFILM X-E2 (XF60mm macro, f/4, 1/1100 sec, ISO200)

FUJINON XF60mm macro開封の儀

Xらしい真っ黒な化粧箱。箱の造りにもこだわりを感じる。

XF60mm macro

なんと、箱にマグネットが仕込まれているではないか!どおりで箱の蓋がピッタリと閉まるわけだ。

XF60mm macro

パカっと開封。

XF60mm macro

レンズを入れておくための柔らかクロス

XF60mm macro

耐衝撃性は無いので、あくまでもレンズの傷保護用として。

XF60mm macro

レンズフード、レンズ、レンズキャップ上下

XF60mm macro

レンズ前面部

XF60mm macro

とても大きなレンズフード。プラスチックとは違い、頑丈な金属製。テーブルの上に置くと「カンッ」という甲高い音がする。

XF60mm macro

XF60mmをX-E2に装着。とてもコンパクト。レンズ口径が39mmと小さい分、XF23mmよりも小さく見える。

XF60mm macro-10

レンズフードを装着。一気にサイズが大きくなる。ポートレートを撮る時に相手に威圧感を与えないか心配だ。私はレンズフレアやゴーストは気にしないので、レンズ保護用目的で小さめのレンズフードを装着しようと思う。

XF60mm macro

レンズフード収納時

XF60mm macro

XF23mmとXF60mmの使い分け

  • XF23mm→スナップ、食べ物
  • XF60mm→ポートレート、花

XF23mmは従来通りメインレンズとして使用。XF60mmは主にポートレートや花を撮影する時に使いたい。

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

  1. コメントはコチラからどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事のアイテム

    この記事の著者

    Google+CameraBlog

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top