デジタルスプリットイメージでピントを合わせる

X-E2のデジタルスプリットイメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
デジタルスプリットイメージでピントを合わせる

X100S,X-E2,X-T1に搭載されているフォーカスアシスト機能の『デジタルスプリットイメージ』。あまり聞き慣れない言葉ですね。

デジタルスプリットはFUJIFILMのカメラに搭載されているイメージセンサー【X Trans CMOS Ⅱ】のフォーカススピードの高速化を実現。位相差オートフォーカスの特徴はコントラストオートフォーカスに比べてピントの位置を素早く判断できるので、その結果オートフォーカススピードが早くなります。

デジタルスプリットイメージ機能を使うと、画像が上下にズレているのでピーキングよりも正確にピント合わせが出来ます。特にマクロ撮影などで活用できます。被写界深度が浅い場合、その効果がより発揮できるとの事です。

デジタルスプリットイメージ: X Story | FUJIFILM

参考動画

デジタルスプリットイメージ機能を使用して撮影してみました。ランプの給油口のマークにピントを合わせて撮影してみます。

X-E2のデジタルスプリットイメージ

まずはX-E2のフォーカスモードをマニュアルに設定。ボディー全面のフォーカス切り替えレバーを【M】にします。XF23mm やXF14mm はフォーカスリングを引っ張りマニュアルフォーカスモードにします。

X-E2マニュアルフォーカスに切り替え

MFアシスト( マニュアルフォーカス アシスト)のモードを切り替えます。

X-E2設定画面

アシストは3種類の中から選べます。

  • スタンダード
  • デジタルスプリットイメージ
  • フォーカスピーキング

フォーカスピーキングに関してはこちらの記事をご参照ください。

デジタルスプリットイメージを選択

画面の中央にグレーの四角い枠が表示されます。

液晶画面の状態

ピントリングを回すとグレーの枠に線が入り、画像が左右に分割されます。

フォーカスをあわせる

枠の部分を拡大したい場合は【Qボタン】の右側のダイヤルを押します。

ピントを拡大する

拡大した状態。ハッキリと線が浮き出ており、上下の画像のズレが確認しやすくなります。デジタルスプリットイメージは、この上下の画像のズレをピントリングを回しながら徐々にあわせて行きます。

拡大した状態

給油口のマーク(画面中央の円)の上下のズレがなくなりました。ピントが合ったのでシャッターを切ります。

フォーカスを合わせる(合焦)

デジタルスプリットイメージとフォーカスピーキングを比較してみます。フォーカスピーキングはレッド(強)を選択しました。

フォーカスピーキング赤色

ピントが合っている部分が赤い状態になります。シビアに合わせたい場合やチラツキが気になる場合は(弱)に設定したほうが良さそうですね。

ピントが合った状態

X-E2で撮影した写真です。

X-E2 XF23mm の作例FUJIFILM X-E2 (XF23mm F1.4R, f/1.4, 1/180 sec, ISO100)

一つ注意点は、フォーカスアシストをデジタルスプリットイメージに設定した場合、フォーカスエリア選択ができなくなります。なのでデジタルスプリットイメージの使用時は、ピント位置は画面の中央に固定されます。

フォーカスエリアが選択できない

ピーキングと違ってピント部分がチラつくことがなく、ピントが合わせが容易に行えます。ファインダーを使用してのピント合わせも良好。まだデジタルスプリットイメージでのピント合わせを試してない方は、ぜひやってみてくださいね!

この記事で使用/紹介された機材
コメント

関連記事

この記事の著者

栃木県日光市出身。O型の水瓶座。
プログラマーとして都内のWEBクローラー開発会社に勤務。
WEBの設計〜デザイン、WEBアプリ作成、コーディング、SEO、広告出稿関連業務、蛍光灯の交換、写真係を担当。
2012年から始めたブログ(ダーフク.com)にて記事掲載用の写真を撮影するために購入した単焦点コンパクトデジタルカメラRICOH GR Digital Ⅳにハマる。それ以来、ブログ上でカメラに関する記事を書き始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

コメント

    • Hiro
    • 2014年 5月 11日 3:00

    はじめまして、Hiroと申します。

    子供の頃にOLYMPUSのOM-1を使い始め、一眼レフはかなりな年月使っていますので、僕らみたいにフィルムカメラを使っていた世代にとっては、懐かしいというより、スプリットは当たり前だったピント合わせでした(笑)。

    デジタルになって初めての採用ですかね…!?
    少し前からこちらのblogを拝見しておりました。
    サブカメラで、XE-2が良いかなと調べだした時に、こちらを見つけ、リニューアル前から読ませて頂き、管理人さんの大変分かりやすい解説から、とても参考になりました。

    また、お邪魔させていただきますね♪

      • ダーフク
      • 2014年 5月 11日 11:40

      Hiroさん
      こんにちは!ダーフクです(^^)

      >>懐かしいというより、スプリットは当たり前だったピント合わせでした(笑)。

      そうだったんですね!!
      確かに、FUJIFILMのページには

      レンズのフォーカスリングを回しながら見てみると、昔なつかしい、マニュアルフォーカス一眼レフのスプリットイメージと同じ感覚が得られました。

      と書かれてますね(^^ゞ

      おそらく、デジタルでスプリットイメージによるフォーカシングを採用したのはXシリーズが初ではないでしょうか!

      また、このサイトを見て頂きありがとうございます!!
      引き続き、X-E2の記事を追加していきますのでご覧いただければ幸いです!

      今後もよろしくお願いいたします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

Heads up! You are attempting to upload an invalid image. If saved, this image will not display with your comment.

※コメントの投稿について
  • 画像がアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
  • 返信される際は、「このコメントに返信する」ボタンを押して、コメントをご記入ください。
  • この記事の著者

    Google+CameraBlog

    メルマガ購読

    ブログ記事の更新情報を無料でメール配信しております。


     

    最近のコメント

    Twitter

    ページ上部へ戻る
    Top